今年も福島稲荷神社例大祭で踊屋台を一般公開します!

「 1,000円募金プロジェクト」、当会オリジナル手ぬぐいを進呈します!

いつもあたたかいご支援、ご協力ありがとうございます。

さて、今年も10月10・11日の2日間、福島稲荷神社秋季例大祭が規模を縮小して実施されます。今年は新型コロナウイルス感染拡大の懸念から、氏子町会による「連山車の巡行」、そして「神輿渡御」は中止となり、神事のみを行なうこととなりました。
また、名物の神社の周辺に300店舗程並ぶ露店については、感染対策を十分に検討し、今年は40弱の店舗が境内と中央駐車場に並び、少しですが祭りの賑わいを感じることができます。

そこで中央駐車場に保管庫(踊屋台伝承館)を構える当会も、この2日間は戸を開け、皆さんに福島の「山車文化」と「福島踊屋台」を見て感じていただこうと、今年も『福島踊屋台の一般公開』と活動資金を募る『1,000円募金プロジェクト』を実施いたします。募金していただいた方には、毎年恒例の『令和2年度 福島踊屋台オリジナル手ぬぐい』をプレゼントします。

今年の手ぬぐいは時節柄、「疫病退散」をテーマに、四方に刻まれている「四神獣」が踊屋台から飛び出し、コロナウィルスを蹴散らす様を表現しています。

毎年楽しみにしていただいている方も多く、おかげさまで今年で7本目(7年目)となりました。在庫がなくなり次第終了となりますので、お早めに福島踊屋台伝承館(中央駐車場の南側)へお越しください!

令和2年度 手ぬぐい

  令和2年度 福島踊屋台伝承会 オリジナル手ぬぐい (クリックで拡大)

 

Copyright © 2020 特定非営利活動法人 福島踊屋台伝承会, All Rights Reserved.